CSR/環境への取り組み(ISO14001)

当社では2002年3月2日にISO14001 環境マネジメントシステムを
本社、CLC羽村、日高事業所の3拠点で取得し、CO2排出量の削減、
廃棄物排出量の低減、軽油スタンド 等による水質汚濁・土壌汚染防止の維持活動を推進しています。
2005年3月2日に金沢営業所を拡大すると共に、2020年3月2日には
6回目の更新審査を完了しました。

環境への取り組み画像

環境方針

千代田運輸の全部門・全社員は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し
千代田グループ全体で地球の環境保全に取り組む。

スローガン

「前例踏襲を改め 環境にやさしい企業を目指そう!」

環境方針

千代田運輸株式会社は、提供している輸送及び倉庫業等の物流サービス業務を通して、次の方針に基づき環境保全のための活動を行う。

  • 1.安全の確保と品質向上を事業活動のすべてに優先し、環境負荷低減に努めます。
  • 2.環境関連の法規制、協定などの要求事項は順守します。
  • 3.環境マネジメントシステムの継続的な改善活動及び環境汚染の予防を推進します。
  • 4.組織活動のあらゆる分野において、環境の及ぼす影響が適切になるよう活動します。
  • 5.環境目的・目標を設定し環境の維持・改善に努めます。
  • 6.会社のために働く人全てが環境意識を自覚し、責任を持って環境保全活動に参加し、企業市民として環境保護に積極的に参加します。
  • この環境方針は、当社の指定場所に掲示し、各責任者から全従業員(会社のために働く人)へ周知する。
  • 取引先へは、環境管理実行責任者から伝達と協力要請を行う。
  • また、関係する外部の方々及び一般の人々の求めに応じて開示します。
  • 2020年4月1日
  • 千代田運輸株式会社 取締役社長

適用業務と適用範囲

適用業務

千代田運輸が提供している輸送(商品車輸送、貨物輸送)及び倉庫業等の物流サービス業務

適用事務所

  • 本社:東京都日野市日野台1丁目21番地1【貨物輸送及び中央管理機能】
  • チヨダロジスティクスセンター羽村:東京都西多摩郡瑞穂町長岡3丁目11番地8【貨物輸送及び倉庫業】
  • 商品車物流部日高配車センター:埼玉県日高市上鹿山689番地1【商品車輸送】
  • 金沢営業所:石川県白山市村井町321番地1【商品車輸送及び貨物輸送】

適用組織

適用される事業所内の全ての従業員(千代田運輸の業務に携わる他社からの出向者、契約社員、パート及びアルバイト、構内請負作業者を含む)

関係機関との環境連携

日野自動車殿との環境連結

千代田運輸株式会社は、日野自動車グループの一員として、日野地球憲章を順守し、日野自動車殿の環境課題実行計画に沿った目標を設定して環境保全環境保全活動を 推進しています。
また、日野自動車で開催される国内関連会社生産環境会議に参加し、パフォーマンス結果や法令改正の情報の共有化を行っております。

日野市「ふだん着でCO2をへらそう」宣言

日野市「ふだん着でCO2をへらそう」宣言画像

本社のある東京都日野市では、市民や事業所が温暖化対策を継続的に行い、その取組を宣言することで市全体に活動を広げ、日野市におけるCO2排出量を削減しようとする活動を行っています。
当社では、2009年に取組みメニューを宣言して活動に参加しています。

東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」への参加

東京都トラック協会「グリーンエコプロジェクト」への参加画像

東京都トラック協会では、地球温暖化防止対策の対応を図るため、独自のCO2等削減対策を盛り込んだ「グリーン・エコプロジェクト」で、継続的なエコドライブ活動を展開しています。
当社では、2011年にグリーン・エコプロジェクトに参加して燃費向上に努めています。

ヒマラヤ山脈での植樹活動への支援

2002年から、牛乳パックを収集して長野県にあるNGO団体「カトマンドゥ」に送っています。1リットルパック15枚で苗木1本分の代金が得られます。NGO団体「カトマンドゥ」は、集まった牛乳パックをリサイクルし、その代金で苗木を購入してネパールのヒマラヤ山脈に植樹する活動を行っており、現在までに当社では苗木2,000本を超す牛乳パックを送ることができました。

関連会社とのパートナーシップ

全国6社7拠点ある関連会社へ環境方針を展開し、それに沿った環境保全活動を提唱しています。また、関連会社のグリーン経営やエコアクション21の認証取得を支援し、現在では3社4拠点で取得済みです。今後もグループをあげて環境保全活動を推進していきます。

ページの先頭へ